LIFE STAGE

LIFE STAGE

Q&Aで見る、新しい住まいと暮らし方

Q&Aで見る、
新しい住まいと暮らし方

これまでにも幾度となく議論されてきた「住むなら賃貸?持ち家?」から、「マンションor戸建」、といった話題も、
新しい暮らし方や働き方の変化で、住宅事情も劇的な変化を遂げています。
いつ来るか分からない震災や目に見えない感染症対策などのリスクから家族の安全を守り、長く、楽しく、快適に暮らせる
住まいの新しい在り方が見直されています。一方で、意外と知られていない購入時に利用できる制度や検討ポイントなど、
住宅のスペシャリストが『立川に住む・暮らす』という視点で、よくある質問にお答えします。

これまでにも幾度となく議論されてきた「住むなら賃貸?持ち家?」から、「マンションor戸建」、といった話題も、新しい暮らし方や働き方の変化で、住宅事情も劇的な変化を遂げています。いつ来るか分からない震災や目に見えない感染症対策などのリスクから家族の安全を守り、長く、楽しく、快適に暮らせる住まいの新しい在り方が見直されています。一方で、意外と知られていない購入時に利用できる制度や検討ポイントなど、住宅のスペシャリストが『立川に住む・暮らす』という視点で、よくある質問にお答えします。

Q

A

新しい生活スタイルに合う住まいについてのご相談は大変増えています。ご家族で過ごす時間が増えて嬉しいけど・・・今のままではちょっと手狭な感じがしますよね。テレワークに、食品ストック収納、お庭で過ごすひと時。+1空間という新常識がはじまっています。

Q

A

アフターコロナで分かったエレベーターやエントランスなど共用部分の感染リスク。せっかく駅近の物件でも、朝夕の通勤時間帯でエレベーター待ち時間が増えてしまってはもったいない話です。また、在宅時間が増えると隣接室への騒音がお互いに気になるなどの声も増えています。この一年でマンションと戸建の暮らし方の違いがはっきり見えてきました。

Q

A

働き盛りで健康なパパにもしものことが起こっても、住宅ローンには『団体生命保険』がついています。生活習慣病やガン、脳卒中など3代疾病にも手厚くサポート。『残された家族が安心して暮らしていける住まいの確保』という保証が叶います。住宅購入を検討されている方でもご存じでない方も多いので、住宅購入をご検討されている方もまだご存知ではない住宅購入に役立つお得な支援制度も数々あります。

Q

A

災害による被害は起きたその「瞬間」だけではなく、そこから長期にわたりリスクを伴うことも大きな脅威です。そんな災害は避けられないが被害は抑えられる。『安心して住み続けられる住まいと住環境』こそがこれからの住宅購入における新常識となりそうです。

Q

A

何があっても家族の命や財産を長く守っていくには、災害に強く、財産も守ってくれる保証など、数十年先を見据えた選択が大切です。立地以外にも災害に対する住宅の基本性能、有事の際の選択肢の多さなどの視点から、多摩地区の一戸建てが注目される要因となっているようです。

Q

A

在宅ワークも増え、都心へもアクセスしやすく、街としての暮らしやすさ、将来の発展性などから、『住む街』の注目度が急上昇しています。着目するユーザーの皆さまからは『総合的なバランスが良い=ちょうどいい』という評価が多いです。

今とこれからの暮らしにピッタリの街
スマイルタウンが続々立川に登場!

今とこれからの暮らしにピッタリの街スマイルタウンが続々立川に登場!